三島駅を降りて、愛染の滝や白滝公園、水辺の文学碑を時間を掛けてゆっくりと歩く。

特に文学碑は色々な著者や作品の文章が載っていて面白い。

じっくりと見物して、やっと到着。


三嶋大社・鳥居
 ▲ 三嶋大社・鳥居


木々や植物の緑。

池の中を泳ぐ、白・黒・紅の鯉。

それなりの数の参拝者。

進んでいきます。


三嶋大社・参詣道
 ▲ 三嶋大社・参詣道


予想していたよりも立派で境内も広い。

ちょっとビックリ。

うろちょろしていたら、神前式の男女を発見。

佳き日ですな。


三嶋大社・宝物館
 ▲ 三嶋大社・宝物館


一階がお土産屋さんになっていて、レジでチケットを購入して二階へ行くと宝物館。

梅蒔絵手箱は、豪華で尚且つ繊細な佇まい。

食い入って観てしまった。

数振りの太刀類も素晴らしかった。

最近、歴史小説ばかり読んでいるので、尚更、臨場感溢れる感じ。

因み、隆慶一郎作品をここ最近で、ほぼ読了してしまった。。


三嶋大社・本殿
 ▲ 三嶋大社・本殿


見応えたっぷりで、結構、疲れましたが、休憩を挟みつつ散策。

舞殿も本殿も良かったな。


御祭神は、

大山祇命(おおやまつみのみこと)
 
積羽八重事代主神(つみはやえことしろぬしのかみ)
 

御二柱の神を、三嶋大明神(みしまだいみょうじん)と称される。


大山祇命は山森農産の守護神。

事代主神は俗に恵比寿様とも称され、福徳の神として商・工・漁業者の厚い崇敬を受ける。

とのこと。 


最近、日本神話にも関心を持ち始めたけれども、神様いっぱいでなかなか頭に入って来ない。。

八百万って形容されちゃうくらいですからね。

まあ、地味に気長に、古事記なども手に取りたいと思う今日この頃です。


2015年 9月
 

【リンク】
三嶋大社
三島市観光情報